<<「自分を知ってもらうということ」 | 最初 | 蒲田食通曲 〜銀座 和蘭豆〜>>

グランイーグル自慢の設備  〜キッチン編〜

2014.02.05

こんにちは
営業2課の中野正博です。


突然ですが、私、昨年の9月にアパートから念願の新居に引っ越しをいたしました。


皆様は、家を購入するにあたって、どこを重要視しますか?


「こだわりのリビング」ですか?
リビング隣の部屋が3枚引き戸になっていて、使用目的によって広さを変えられたり、個室で使えたら便利ですよね。


「一日の疲れを癒す浴室」ですか?
広々とした浴槽で家族と一緒に入ったり、半身浴をしたり、暖房や冷風機能も欲しいですし、洗濯物も乾燥できると良いですね。


「健康に配慮した壁材や床材」も重要ですよね。
特にお子様が居るご家庭では、アトピー等のシックハウス症候群も問題です。できれば防菌・防カビ素材や最近流行の湿度を調節したり有害物質を吸着するエコカラット壁も欲しいですね。


「エコ使用の設備」も気になる所です。
節水機能のシャワーやLED照明、あとは食器洗い乾燥機も欲しいですね。


実は、全て標準装備だったりするのですが。


今回は、体験談を交えながら、我が家のコダワリでもある「キッチン」のお話が出来ればと考えております。

まず、一番に欲しかったのが「大容量の収納」です。


とにかく、キッチン周りの物って多いんです。
料理に合わせて買った食器類や貰い物の食器が一番多いのですが、鍋にフライパンなどの大きな調理器具が、かさばりますよね。
他にも、買い置きのキッチン雑貨の多い事、多い事・・・
タッパー等の容器類や、ケーキ用の道具やミキサーやコーヒーメーカー、ホットプレート等の収納場所も困ります。
パスタや蕎等の乾麺や、トマト缶などの缶詰類、味噌や鰹節などなど、収納しきれず、あっちこっちに出てて邪魔だし見苦しいですよね。


それこそ、住宅雑誌やモデルルームのような、何も置いていないスッキリしたキッチンで、料理をしたい!
というか、スッキリした奇麗なキッチンじゃなきゃ料理したくない!出来ない!ですよね。


料理をする前に、料理をするスペースを作る為に、片付けをする・・・。その時点でやる気が無くなります。

なので、我が家が一番欲しかったのは、キッチン周りの大物も小物も全部入ってしまう「収納力」です。


CAM03152.jpg


大型収納棚
備え付けなので、倒れてくる心配がありません。また、耐震ラッチが付いているので、震度4以上の地震を感知すると、扉を自動でロックしてくれ、食器が飛び出す心配がありません。

 
 
 
 
 
 
その点、グランイーグルの収納は、どれも大きく、キッチン周りの収納も大容量でした。
さらに、さすが主婦の意見を36年取り入れてきただけあって、色々な設備が重質しており、中でも嫁が気に入っているのが


「スパイスケース」「食器洗い乾燥機」です。


収納力は欲しいけど、使いやすくなければ、意味が無い。


中での料理をするキッチンでは、スパイスは、すぐ取れる場所にあって欲しい。無ければダメです。
前のアパートでは、コンロの周りに塩・胡椒などのスパイスが散乱し、油でベトベト・・・という惨状でした。


しかしコンロ脇にある「スパイスケース」があれば、料理をしながら簡単に取り出せるし、どこに置いてあるのか探さなくて良いんです!(収納されてないと欲しいときに、どこに置いてあるか解らなくなるんですよね)
 
キッチン流し面CAM03215.jpg
←写真はキッチンの流し面(収納を開けてあり、左奥には食器洗い乾燥機が見えます)
  

そして、主婦の味方「食器洗い乾燥機」です!

 
1度は買おうか考えた事ありませんか?我が家に置けるか、設置場所を計って諦めて・・・私は何度もやりました(笑)
 
 
食事をすれば、洗い物が出る、当然の事です。
ですが、誰も洗い物をしてくれない、作るのも洗うのも1人、機械でも良いから手伝って!
食器洗い機があれば、サッと流して並べて洗剤を入れてボタンを押すだけで、食器を洗ってくれます。
しかも、ワイドで大容量なので、家族皆の食器を一度に洗う事ができ、お財布にも優しいです。


使ってみて一番の利点は、収納力です。


普段使う食器や箸等や、オタマや菜箸等、だいたい同じ物を使っているかと思うのですが、我が家は食器棚に収納する前に、ここから使ってたりします。
夜に洗って、そのまま水切りとして置いてます。(急いで乾燥したいときだけ乾燥機能を使ってます)

また、対面キッチンですので、料理をしながらTVを見たり、家族との会話も弾みます。
ヒョイと手を伸ばすだけで物が渡せるので、料理を運んでもらったり、下げるのも手伝ってくれるかもしれません。
リビングや、隣の部屋で遊んでいる子供の動きに目を配れるのも良いですよね。
シンクも、大型シンクで静音使用になっている為、洗い物や料理もしやすく、水音などが響かないので、TVを見ながら水仕事ができます。
さらに、大型シンクのネックである、シンクを洗うのが大変・・・といった点も、水栓がハンドシャワーになっており伸びるので、隅々まで楽々と洗えます。
コンロはガラストップで、油物などの掃除もしやすいし、グリルも水いらずの両面焼き。


これなら家族皆が料理好きになるかも!?

現在、本社のモデルルームでもキッチンの見学が出来ますし、私が担当している「グランイーグル池上Ⅱ」では、完成済みの実際のマンションの中が見学できるので、実際のリアルなサイズのキッチンを体感できます。
是非、購入やリフォームを検討されている方も、先々将来的に〜という方も、この機会に実際にキッチンに立って体験してみて下さい。


雑誌の図面やチラシとニラメッコしているより、何事も体験しておいた方が何倍も解りやすいし、経験になります。
一度、見に来てみて下さい。
 
「グランイーグル池上Ⅱ」

<<「自分を知ってもらうということ」 | 最初 | 蒲田食通曲 〜銀座 和蘭豆〜>>

COPYRIGHT © 2013 GRAND EAGLE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.