<<消費税増税8%or10% | 最初 | 蒲田食通曲 〜カレー編 タイキッチンAMIGO−剛〜>>

蒲田 ~麺匠 呉屋~

2014.12.03



こんにちは


第一営業部4課の大川です。
大川と言えばラーメン。ラーメンと言えば大川。社内では常識になっています。




私の食べ歩きのスタイルは、ラーメン王 石○秀○さんの「一つの食を極める為には様々な食を知る必要性がある」をモットーにしております。
ラーメン王を師と仰ぎ、第2のラーメン王となるべく、日々食べ歩き。
日に日に体の蓄えを増やしている私が今回ご紹介させて頂くお店は、JR蒲田駅東口から歩いて5分、京急蒲田駅西口から歩いて7分。まさに蒲田のど真ん中とも言うべき場所にお店を構える「麺匠 呉屋」














 
 
店構え.jpg



カウンター席9席とお店自体はさほど大きくありませんが、ご夫婦?で切り盛りされている中身がギュッと詰まったお店です。
 

 店の中.jpg


お店のオススメはおそらく塩味のラーメン。昼は「潮そば」、夜は「汐そば」、どちらも「しおそば」しかし、味が違う。二つの顔を併せ持つラーメン。ほぼ間違いなくオススメでしょう。

ただ、今回ご紹介させて頂くラーメンは「しおそば」ではなく「海老そば」。新しいものを食べてみたいというフロンティア精神とでも言うのでしょうか。店内の券売機の前で食べたい物がコロッと変わりました。
ということで、今日は「海老そば」をご紹介させて頂きたいと思います。






海老そば (850円)

 
麺2.jpg



プリップリの海老ワンタン。何度でも口に運びたくなるあっさりとした塩味のスープ。
トッピングは桜えび、白髪葱、笹かま、春菊。
一言で言うなら「上品」なラーメン。
それぞれがそれぞれ、主張はしてこないものの存在感をしっかり放ち、食べる者を魅了する。
スープと麺とトッピングの相性は抜群!!まさに三位一体。どれが欠けても海老そばが成り立たない。旨いではなく美味しいで表現したいラーメンでした。



他にも
潮そば:720円
汐そば:720円
醤油そば:720円
味噌そば:800円

など


メニューが豊富。券売機の前で立ち止まってしまうのも頷けます。「麺匠 呉屋」を極めるにはまだまだ食べたりないラーメンがいっぱい。これからも定期的に食べに行きます。

札.jpg


これからどんどん寒くなり、ラーメンの恋しい季節がやってきます。冷えきった体を暖めてくれるのはラーメンだけ。そんなラーメンを提供してくれるのは「麺匠 呉屋」。ラーメン屋が犇めいているこの蒲田エリアで7年以上やっている「麺匠 呉屋」なら心も体も満たしてくれることでしょう。

お近くに来た際には是非一度食べに行って見て下さい。



麺匠 呉屋
東京都大田区西蒲田5−21−11
営業時間 11:00〜14:30 18:00〜23:00
定休日 日曜日
スクリーンショット 2014-12-04 9.58.04.png

<<消費税増税8%or10% | 最初 | 蒲田食通曲 〜カレー編 タイキッチンAMIGO−剛〜>>

COPYRIGHT © 2013 GRAND EAGLE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.