住まい情報

50年ぶりの大改正・相続税

こんにちは。マンション営業部の濱砂です。
今回のテーマは「50年ぶりの大改正・相続税」
 
 
もうご存知の方もいらっしゃると思いますが
平成27年1月1日から相続税が改正されます。
 

簡単にご説明すると相続税の基礎控除が縮小
されます。
  
現在・・・・・5000万円+1000万円×法定相続人の数
改正後・・・3000万円+600万円×法定相続人の数
  
そして遺産が基礎控除以下の場合には、相続税の
申告は必要ないですが、遺産が基礎控除を超える
場合には相続税の申告が必要になります。


さらに税率も上がります。
2億~3億円の部分に関しては税率40%だったのが45%
6億円超えの部分に関しては税率50%だったのが55%
に変更になります。

この改正を踏まえ相続税対策としてマンション購入が
今、注目されています。
マンションの評価額は土地の持分と建物から構成されますが
マンションは1戸当たりの土地の持分が小さい。
建物の評価は建物の原価の6~7割にとどまります。
6000万円の預金・現金を残すとそのまま6000万円の評価額
で課税されます。
マンションは預金・現金を変換する資産として
注目を集めています。

相続税写真.jpg
 
弊社グランイーグルでは顧問税理士による無料税務相談を受け付けています。
ご用命の方はお気軽に下記フリーダイヤルにお電話ください。

担当:濱砂公毅
フリーダイヤル:0120-77-0804

プロフィール

蒲田と大田区をこよなく愛する、マンションデベロッパー「株式会社グランイーグル」のスタッフです。

大田区の新築分譲マンションなら、大田区に根ざしたマンションづくりを続ける、株式会社グランイーグルのサイトをご覧ください。

株式会社グランイーグルのサイト

今までのスタッフブログ