蒲田食通曲

梅屋敷 ~ うなぎ 仙見 ~

皆様こんにちは!第一営業部の小泉です♪

今回は梅屋敷駅から徒歩3分「うなぎ 仙見」です。

私小泉と渡部君、松尾君、中島君でお伝えします♪
senmi3shot.jpg

松尾君(左)と中島君(中)と渡部君(右)。









早いもので2017年のイツカマも今回が最終号となりました。今年も蒲田を中心に全46回お送りしてきましたがお楽しみいただいてますでしょうか?笑 最後までお付き合いくださいますようお願いいたします♪

2017年最後ということで豪華にまいりましょう♪ 今回は「鰻」です。笑 11月末に「鰻々亭」を食べたばかりじゃないか!?というご意見もあるかと思います。笑 しかし梅屋敷に特別なうな丼を提供するお店が有るという情報を聞きつけまた「鰻」ということになりました♪

特別なうな丼を提供してくれるお店の名は「仙見」。梅屋敷駅からほど近い第一京浜沿いにお店を構えます。
senmiplace.jpg

右側の道路が第一京浜。

senminoren.jpg
オレンジ色?の暖簾が目印。







店内はそんなに広くありません。カウンター席4つとテーブル席が3組。入店した時はほぼ満席でしたがカウンター席がちょうど4人分空いています♪すると店主から「30分程度お時間かかりますけれども?」とのご挨拶♪美味しい鰻屋は時間が掛かって当然です。「大丈夫ですよ~♪」と返してカウンター席に陣取りました♪
senmitennai.jpg
満席の店内。







メニューを見てみましょう♪今回いただくのは「ランチうな丼」、「まぶし丼」、名物「はみ出しうな丼」の3種です。勘のいい方はお分かりだと思いますが今回ご紹介したい特別なうな丼とは名物「はみ出しうな丼」。笑 何がどうはみ出してるのか今から想像しておいてください。笑
senmimenu.jpg
メニューの料理写真にはモザイク処理。笑







先ずはリーズナブルなランチメニューから♪

ランチうな丼 1,650円
senmilunch1.jpg

割と底が深い丼です。

senminakasima.jpg
いつもの中島君スマイル。笑

カウンター席に陣取ったので約30分の待ち時間の間、店主の調理風景を楽しむことができました♪蒸し器で鰻を蒸した後、秘伝のタレ?に漬けて丁寧に焼き上げる。正に職人の技をカウンター席から拝むことができました♪ そんな工程で調理された鰻の味はふっくらと柔らかく香ばしい、そして濃厚な美味しさ♪ご飯も魚沼産のお米を使用しているとのこと♪店内満席の理由が簡単にわかりました♪






次は変わり種♪

まぶし丼 1,800円
senmitya1.jpg

senmitya2.jpg

うなぎのリフトアップ。笑

別途お茶が急須で添えられます。そのまま食べても良し。お茶をかけても良し。一杯で二度の味を楽しむことができました♪








さてお持たせしました。本日のメインのご紹介です。笑

名物「はみ出しうな丼」 2,700円
senmihamidasi1.jpg

ハンパないはみ出し感。笑

senmihamidasi2.jpg
はみ出しうな丼の香りを楽しむ渡部君。笑

想像を遥に超えた「はみ出し」具合をご確認ください。笑 見た目は派手な「はみ出しうな丼」ですが意外にも食べやすくご飯とのバランスも丁度いい印象です♪ この「はみ出しうな丼」、一見奇をてらった「はみ出し者」の印象を受けますが中身は至極まっとうな唯一無二の美味しい「うな丼」でした♪









今年のイツカマは以上です♪来年2018年第1回目は1月11日を予定しています♪来年も引き続きよろしくお願いいたします。
rainensikuyoro.jpg

小俣君のポーズは"エアーフォーク"。笑








〇うなぎ 仙見
東京都大田区大森中2-2-1
11:30~14:30 (L.o 14:00) 
17:30~21:00 (L.o 20:30)
定休日:水曜日

プロフィール

蒲田と大田区をこよなく愛する、マンションデベロッパー「株式会社グランイーグル」のスタッフです。

大田区の新築分譲マンションなら、大田区に根ざしたマンションづくりを続ける、株式会社グランイーグルのサイトをご覧ください。

株式会社グランイーグルのサイト

今までのスタッフブログ